スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
ジャンプ買った。
今更過ぎるオープンキャンパスに参加した後、ジャンプ買ってきました。
ちょっと今週号読んで手汗が止まらんのでごめん語らせて…。
でも黒子ばっか語ってる私ですけど、最近の銀魂は好きです。
あのにゃんこたちが可愛すぎる
最近新しくコミックスでまとめられてた、つくよちゃんと師匠の話は正直好きじゃなかったんだけど
(というか銀魂のシリアス展開が基本的にあんまり好きでない)、この話は好きです。
動物系には弱い…くそう。

まぁほとんどの方が興味ない話であろうことは容易に想像できるので、
自己満足で妄想語らせて貰うよ!!ネタバレは当然してます。
読んだ人なら予想つくと思うけど桃ちゃんの乳押しつけ行為についての考察が中心なので
いつも通り品のないトークです。

.
いやーほとんどの人が黒子に驚愕していたようですし私も勿論なんですが、何あの賢者。
桃のきょぬーを顔面に押しつけられても「苦しい」としか言わない黒子がホモにしか見えません。
なんで平気なのかと聞かれても「僕は火神君ぐらいの胸板の方が好きです」とか。
藤巻が腐女子にターゲットを定めてそうしたのか、それとも話の展開上、
あそこで黒子までやられてたら話が進まなくなるからそうしたのか…。
あの乳押しつけられたら普通びびるでしょ。私も一応女であるけれども
あの乳押しつけられたら無理だべ、あんな冷静にしてられないべ…。
あ、当たってるんですが…とか言っても「当ててんのよ」とか。

しかしあそこで黒子が何故ほんと冷静だったのか。
可能性として挙げられるものを考えてみようじゃあないか。

1.ふぉも。
2.中学生の頃から桃がああしてきたので慣れた。
3.家族(母、姉、妹など)がきょぬーで見慣れてる。
4.ほんとに性欲ゼロ。(高校一年生でこれは…
5.ひんぬー派。

個人的には2、3が相まって…というのが理想なんですが、4のような気もしないでもない…。
だって女子と話してて照れたりする黒子なんて想像できないもの!むしろしたくないもの!!
だからといって男子と話してても照れたりはして欲しくない…ごめん気持ち悪い(←
いやあくまで表情に出てたらやだなーって話ですけど!!
というか色恋沙汰が似合わないんだよね黒子って…。
フラグ立ってても、立っているのを理解した上で折りまくる感じ。
影薄すぎてフラグもクソもないかもしれないわけですが。

そういや、先輩含めてせーりんメンバーの黒子罵倒っぷりがひどい。
「黒子のどこがいいの?」「影薄いし」そのほか。その通りだけど!!
黒子も三点リーダつけてる辺り、ちょっと傷心してたりするのか。
大丈夫だ私がいるからここにおいで!!!(いかねーよ!!!!!
で、それに対する桃ちゃんの意見には思わず同意せざるを得ませんでした。
当たりアイスの下りに某芸人と同じリアクションしてたよわたしゃ…。
それは惚れてもおかしくない。黒子可愛いよ黒子。
ていうか帝光中の制服着てても可愛いなーテイクアウトしたいなー。
白シャツじゃないのが地味にツボです。学ラン好きだけど、水色シャツもいいよね!

話を戻しますが。
桃ちゃんは黒子とは絶対にくっつかずに青とくっつく空気がすげー漂ってるわけですが。
黒子はそこんとこ実は分かってたりするんでしょーか。だからこそあんま相手にしないのか。
帝光時代は、青→桃→黒 だろうな確実に…んでそのうち桃も青好きに、という展開しか見えない。
これ以外の展開やれたら藤巻神だよ。

ところで話の展開、某所でも語られてたけど今後の展開はどうしても、

青、かがみん挑発

怪我の治らないうちに無茶して青にバカにされるも「万全の状態じゃないからだ!」→「それは言い訳だ」

かがみんぶち切れてカントクに無許可で練習

怪我悪化

試合では青に勝つも、終了後にダウン。カントクに退部を言い渡される。

にしか思えないね!!!最後の下りの前に黒子にまたぐーぱんちされてもおkですが。
まぁ流石にそこまでありがち展開はないかな…と思いつつ来週も楽しみにしときます。

.
スポンサーサイト
別窓 | 感想、考察 | コメント:0 | トラックバック:0
200909202156
<<A tip you need.(君に必要な忠告をあげよう) | わたほうしの散歩道 | ポケモン銀魂>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| わたほうしの散歩道 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。