スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
嬉しくは思うけどね
日記笑える、とか、日記面白い、とか、
そういう風に言ってもらえるのはとても嬉しいわけですが、
後から自分で読み返すと毎日黒歴史を大量生産してるわけなんですよねこれが。
なんでこんなあほなことを恥ずかしげもなく書けるのか、
不思議でたまらなくなることがよくあるわけですが、
きっとそれって普通のこと…なんですよね。うん。
長いこと同じ日記を使っていて、ふと一番前の日記とか
読み返してみようとしたことのある方ならきっと理解して頂けると思うんですけど。
だから何が言いたいって、何が言いたいわけでもありませんが。
ただそれだけ。


あと、いろんなところで流行ってるようなので
初恋の人からの手紙を遊んでみました。
結果は追記でどうぞ。
初恋の人からかび丸さんへお手紙が届きました。

--------------------------------------------------------------------------------

かび丸、ひさしぶり。
もう油性マジックのニオイをかぐクセは治りましたか?「いいニオイだからかいでよ♪」と言っていたかび丸をなつかしく思います。

泣きじゃくるかび丸が「これ以上振り回されたくないから別れる」と言って自分から連絡を断ったあの日から、もう2年が経ったんだね。月日が流れるのは早いものです。

あ、そうそう、手紙を書いたのは何か理由があるわけではないんだ。ただなんとなく学校の前を通ったらなつかしくなって、思いつくままに書いてみようと思い立っただけ。驚いたかな。

別れてから気付いたけど、おれはかび丸のこと、あまり分かってあげられませんでした。基本的に、寂しがりだったかび丸をおれはほったらかし気味で、つらい思いをさせたかなぁと思います。そうそう、かび丸はいつも我慢して言いたいことを言わないで、後で一気に爆発するタイプでしたね。何も気付かないでいると、いきなり第一声が「もういい!」だったりするので、どうしていいか戸惑ったものです。

そういえばかび丸にとっては初恋だったのかな?だからか、付き合う前から慎重で、いろいろ確認していましたね。「デート代は割り勘?」「キスは付き合って何ヵ月後の予定?」とか質問されて、返答に困ったのを覚えています。探りすぎ(笑)。

付き合ったばかりのラブラブだったころ、かび丸はいつも「私のどこが好きなの?」なんて確認していましたね。どこがとかいう問題ではないと思うけれど、プレッシャーに負けて「顔」と答えていた記憶があります。回答が下手でごめんなさい。

恋愛を総合的に考えれば、おれはかび丸と付き合えてよかったなぁと思います。いつも不安げで泣き虫なかび丸と付き合うことで、自分が強くなるということを学べたように思えます。

いろいろ書いたけど、おれはかび丸が大好きでした。これからもかび丸らしさを大切に、あと、ときどき生えてくる太い腕毛を大切にして(笑)、いつか幸せになってください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. おれの歯がくさいってみんなに言いふらしていると聞きました。本当ですか?


油性マジック>>シンナーやってそうな趣味してるなwww
ぶっちゃけ嫌いじゃあないけど好きでもないです。







  おまけ



初恋の人から(男だった場合の)かび丸さんへお手紙が届きました。

--------------------------------------------------------------------------------

かび丸、ひさしぶり。
今でも彼女ができるたびに「燃えよドラゴン」の感動シーンを熱演していますか?私の前でうざいほど熱演していたかび丸をなつかしく思います。

泣きじゃくって「別れないで済むなら何でもするから」と言ったかび丸にうんざりして見切りをつけたあの日から、もう2年が経ったのですね。月日が流れるのは早いものです。

お手紙を書いたのは、何か伝えたいことがあるとか用事があるとかではないんです。ただなんとなく学校の前を通ったらなつかしくなって、思いつくままに書いてみようと思い立っただけなんです。ふふ。

あのころの付き合いを思い返すと、わりと私はかび丸に迷惑ばかりかけていたなぁと思います。男子の友達が多くてわりと告白もされやすい私に対して、かび丸は女子とも接点がなく、ネガティブにさせてしまったなぁと反省しています。よくかび丸は「おれのどこがいいわけ?」って聞いてきましたよね。今でも答えは見つかりませんが、何か答えてあげればよかったのだと今になって分かりました。

私にとっては5人目の彼氏で、かび丸にとっては初恋だったからか、なんだかかび丸はねちっこいところがありましたよね(笑)。キスする前にも「どうやるか教えて」って言っていたし…。最終的には妙に自信をつけていたので安心しましたが。勘違いとは恐ろしいものです。

付き合ったばかりのラブラブだったころ、かび丸はいつも「おれと一生一緒にいてくれ」なんて言ってくれましたよね。もちろんそのときは引いたけど、嬉しい気持ちがあったのも覚えています。今思うと、まるで嘘だったわけですが。

恋愛を総合的に考えれば、私はかび丸と付き合えてよかったなぁと思います。当時は少し恥ずかしかったし疲れたけれど、私が男性のように強くなれたのも、かび丸がどこか頼りなかったおかげだと思っています。

いろいろ書きましたが、私はかび丸が大好きでした。これからもかび丸らしさを大切に、夢のドS女性を探しながら(笑)、いつか幸せになってください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. 愛と恋の違いを熱く語る病気はもう治りましたか?


夢のドS女性>>客観的に見て、Mなのか、やっぱり…。
スポンサーサイト
別窓 | 日常生活 | コメント:0 | トラックバック:0
200903152130
<<静かに暮らしたい | わたほうしの散歩道 | これはメタリカ(鼻血)ものな暗チ>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| わたほうしの散歩道 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。