暗殺教室132話 感想
唐突ですが少し前に暗殺教室を全巻揃えまして、
錆びた刃を自慢げに掲げるただのガキと罵倒され頬を紅潮させるカルマくんかわいさに悶えておりましたが
本誌での展開にうひょほおおおとテンションだだ上がりだったので突発的に感想投げます。


既に何言ってるんだか分かりませんが単行本派の方はご注意ください。

.
.





暗殺教室は実は今まで迷いつつも揃えていなかったんですが、
少し前の本誌の展開(一応まだバレ防止最終ライン)でやべえええ読み返してえええもう買おってなりまして。
カルマくん改めてかわいいなあとか合間合間の書き下ろしに笑ったり(浅野親子の毛根ネタすごく笑った)
あと読み返すと懐かしい時事ネタ出てきたりしますね。「台無し」とかあそこで出てくると思わなかった…w

脱線しましたが以下本誌感想。


















まさかの渚カエ展開が衝撃的すぎてどうしようかと思いました。
そしてカルマくんと中村さんが二人して即座に携帯構えてて笑いました。
息ぴったりだな君ら!!
この二人はカップリングっていうよりいいコンビって感じですね、ほんとに。


今回の展開って、ビッチ先生の今までの所行も密かに伏線だったってことなんですかね。
3-Eメンバーと初対面の時、最初に公開ディープキスされたのも渚くんだし、
今月出たばかりの13巻では「一体感」の話もしてたし。
渚くん恐らく今まで主体的にディープキスしたことはないんじゃなかろうか(自分からしたのは今回が初めてなんじゃないか)と思うんですが、
あの時のビッチ先生の発言を覚えていたからこそカエデちゃんに15Hit→気絶させるほど上手いキスできたのかなって…。
3-Eメンバーは英語の時間に何度もビッチ先生に唇奪われてるっぽいので、そちらの効果もありそうですけどね!!!

それと、キャラブック「名簿の時間」の渚くんのページも伏線?だったんでしょうか。
まず、ビッチ先生のファッションチェックでは、ビッチ先生から渚について
「あんた才能あるわよ、男をたぶらかす。私のテクで鬼に金棒。まずはキスからね…」
とコメントされています。
今回相手は男でもないし、たぶらかしてもいませんがw

あとついでに。
渚くんの裏設定ページには、カエデちゃんが「ビッチ先生の初めての公開ディープキス」を見た時の感想として
恋愛感情があるか別として「イラッと来た」と書かれてるんですが
やはり渚くんのことを憎からず思っているんじゃないかとか期待せざるを得ないんですが
果たして来週以降、カエデちゃん生存ルートだった場合はどうなっていくんでしょうか!!






んでもってえええええあのモノローグがこれあれ渚く…いや渚さん?って戸惑うぐらいには男前でしたね。
カエデちゃんが徐々に発狂していく度に「やめてくれよ!全て演技だったなんて言わないでおくれよ…」と
いち読者としては必死で願ったものですが…そこへ来て



「言わせないよ茅野」「全て演技だったなんて」

「復讐しか頭になかったなんて…僕が言わせない」






と…いやち ょっと ま って渚さんここまで男前でしたっけ!!!
抱きしめ方がまたこれ片手だけで抱きしめてるんですよね すごいよびっくりだよ


私は渚くんについて、暗殺教室の連載が始まった当初は
「渚くん」なのか「渚ちゃん」なのか、性別はどっちなんだ…と割と深刻に悩んで
でもプール回で中村さんよろしく「男なのね…」と若干本気で驚いていましたので…
たしかに、随所随所でかっこよさ発揮してきたけど、過去最高に男前だったんじゃないですか今回…





なんかもうオチの付け方わからないんで中途半端に渚くんの男前っぷりを褒めそやすだけで終わりにしますが
ビッチ先生の痴女っぷりを見せつけるためだけのギャグと思わせるディープキスネタを
こんな形で回収してくる松井先生に脱帽です…
カエデちゃん128話での触手公開と松井先生のジャンプ巻末コメント「ここからが本当の「暗殺教室」です」にも
相当な衝撃を受けたものですが、仮に今回の展開が落ち着いてもどうなるんじゃろうか…
あああ来週も早く読みたい!!!

ごちゃごちゃした感想になってしまいましたが、読んでくださった方、有難うございました。

.
スポンサーサイト
別窓 | 感想、考察 | コメント:0 | トラックバック:0
201503240010
<<心が…騒いできた! | わたほうしの散歩道 | 藤子F不二雄ミュージアム クリスマスレポ>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| わたほうしの散歩道 |