スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
リズム怪盗R感想
少し前までサマーセール開催中だったリズム怪盗R、
私にしては珍しくさーっと遊んで一通りクリアしました。
まだやり込みはしていませんが、適当に感想書きます。


まずどんなゲームだったかと言えば、
「システムはレイトン教授シリーズ、ゲームはリズム天国」
という説明がしっくりくるものでした。
レイトン教授のナゾ部分が、リズム天国のミニゲームになった感じですね。
でもレイトン教授ほどのボリュームはないので、大体8時間ぐらいでクリアできました。

ざっくりと、すごく良いところ
・音楽がオサレ
・一部クラシック曲のアレンジもあり(かっこいい)
・リズムゲームが楽しい
・キャラがかわいい
・常に真顔でノリノリのラルフ(ツボる)

ざっくりと、微妙なところ
・ジャイロシステムを活用したリズムゲームの難易度が鬼畜 ※私が下手くそなだけの可能性
・マリアが棒読み(CV.ゴーリキーアヤメ)
・ちょいちょい気になるちぐはぐな展開と、消化不良なラスト


こんなところです。
リズムゲームが好きで、ゲームにストーリーなんて飾りみたいなもんだぜ!って言う人は、楽しめると思います。
あと曲が好みな人は恐らく楽しめるので、視聴してみて良いなーと思ったら遊んでみていいんじゃないかと。



追記からストーリーについての感想です。ネタバレてます。
パラパラと気になったところをかいつまんで書きます。箇条書きっぽい。
疑問点についての言及が多いです。

.
.















とりあえずラルフは正体隠す気ゼロって認識でいいんですかね!!!
適当に正体ばらしすぎで、例えるなら、コナンの歩ちゃんが
「コナン君、また違う人の声出してる…」って言ってるあの画像を思い出しますね。
実はみんな怪盗Rの正体知ってるんじゃねえのかと…。

そしてフォンデュの扱いがひどい。
肉を投げるのはまだいいとして、瓶投げるなよ!お前の犬だろ!!(※ミニゲーム内)
ていうかRの格好してる時にフォンデュ連れてる時点で普通ばれるだろ!!!
いやまあこの辺は突っ込み過ぎちゃダメですよね。はい。


最後の方で、空中庭園が現れたときには「レイトン的な崩壊があるのか…」と思ったり。
そして警部、ナポレオン放置して補佐っぽいやつ(名前忘れた)だけ倒した時点で撤収してるのは
警察としては怠慢なんじゃないですかね。仕事しましょうよ。



あとエンディングにも突っ込みたいことはいくつかありますが、とりあえず二点。

いかにも「この続きは続編で!」みたいなラストはいかがなものかと。
父親の話を解決するつもりがないなら、ほのめかす程度にして、
あくまでナポレオンのことだけをやってけば良かったのに、
父親が随所随所で出てくるもんだから消化不良な感じがほんとに…。

もう一点。ラルフがマリアに「お別れだ」っていきなり言い出して、
突然のお別れにクエスチョンマークが沢山頭に浮かびました。
あの警部は「あいつはパリ市警が捕まえる」って言ってるし、
ラルフの活動拠点はパリのままぽいし、あのラストだとマリアは母親と暮らすことにもなりそうだし。
父親を探す旅に出るからお別れだ、という意味なら「僕は父さんを探しに行く」とか言って欲しいヨー



あとクロードね。あんな可愛い子が女の子のわk…なんてウソです可愛い女の子ですね。
明らかに男性に付けられる名前だと思いますが所謂DQNネームでしょうか。
ただ、ピンクの服を着てるって聞いたときのラルフの一言がな。
「そんな変な色の服を」みたいなこと言ってたけど、ピンク着てる男=ダサいって認識なんでしょうか。
(確かに男性でピンクを着こなすって相当上級者な気がしますが、色の感じ次第な気も…)
んで案の定スカート履いてましたが、あの格好で同級生?とサッカーしたんですかね、クロード。
やりづらくないか。
あとラルフとのサッカー対決は楽しく遊んでるようにしか見えませんでした。本当に有難うございました。


と、クロード以外不満をぶちまけてばかりですが、
ゲーム自体はほんと楽しかったです。
続きが遊びたくて購入から一週間経たないぐらいでクリアしましたし(私にしては早い方)

続編出すっぽい終わり方してましたが、発売から2年以上経ってるんですよね…(2012年1月発売なので)
父親のこととか消化不良のままになっちゃうのかなー。
まぁ続編は出たら遊びます。多分きっと。









以下、下ネタ許せる方のみ反転で御覧ください。


ところどころでラルフに「お前…」って思ったところがあったんですが、
一番突っ込みたかった点は、マリアと初めての夜を過ごすシーンです(誤解を招く表現)

いやーなんですかね。初対面の女の子を「危険だから」といって
夜も更けた時間に、一人暮らしの男の部屋に連れ込むっていかがなものなんでしょうか。それはそれで危険なんじゃないでしょうか。
いくら命の恩人だからと行って、マリアも警戒心なさすぎなんじゃないでしょうか。
割とガチでマリアの貞操を心配していたら、突然の朝チュンに加えて
マリアの演奏でラルフが目を覚まして

マリア「起こしちゃった?」
ラルフ「こんな朝の目覚めなら大歓迎だよ」

って会話しててなんかもうさ…
背後にあるのもベッド一つだから、カメラの回ってないところで
「僕はソファで寝るから」みたいな会話してるってのもなさそうでさ…
これ完全にじg(この発言は抹消されました


あと学校の先生と夜のパリで出会ったときにもあれですよね。
割と夜遅い時間に女の子と二人連れのラルフに何も聞かないんですかね。
なんで何も聞かないんですかね。
この辺ね、中途半端にシモンさんとかラルフの友人(名前忘れた)が
ラルフとマリアの関係性をおちょくってるせいで、
二人でいることに関して何も言わない知人が何を思っているのやら…ってなっちゃうんですよね…
深読みしすぎ感は否めませんが。

ラストはさりげなく手を取り合って走っていくし、もうお前らデキてるって認識でいいのかな…

という妄想を置いてこの辺にしておきます。
読んでくださって有難うございました。

.
スポンサーサイト
別窓 | ゲーム | コメント:0 | トラックバック:0
201408192343
<<わたしはげんきです | わたほうしの散歩道 | 電車で電車で電車で電車で>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| わたほうしの散歩道 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。