スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
アニポケXY第8話「ポケモントリマーとトリミアン!」感想
シトロンくん萌えを語っているだけのアニポケ感想です。
下ネタとか色々とひどいところがあるので、何でも許せる方向き。




許せる方は追記からどうぞ。

本文中で台詞の引用が入ることがありますが、字幕での確認は行っていないので
耳で聞いた印象で三点リーダや句読点、感嘆符などを使用しています。
念のため。

.
さて今回はトリミアン回。
開幕と同時にトリミアンに向かい合う今回のゲストキャラ。
場所は道ばたの「芝生に入らないでください」とか看板の立ってそうな場所。
まぁ特に注意とかないんですよねきっと。ゴールデンタイムのアニメでそんなところ入りませんよね。
彼女がごくりとのどを鳴らし、クシを入れようとするも、トリミアンは背を向けて噴水の方へ行ってしまいます。
追いかけるゲストキャラ。

カメラが切り替わり、噴水に写ったユリーカちゃん。
シトロンくんが「ユリーカ!」と呼びかけます。

シトロン「あんまりキョロキョロしてると、迷子になりま…」
ユリーカ「へーーき!」
シトロン「はぁ…(ため息)」

シトロンくん幸せ逃げちゃうよ!!
ため息ついてはいるけど、これぞイメージ通りのシトユリ兄妹だよなって思いました。このシーン。
注意を続けずため息を漏らす辺り、多分ユリーカちゃんが注意を聞かないなんて事何度もあったんでしょうな。
でもねシトロンくん、分かってると思うけどユリーカちゃんはそこら辺の妹に比べたら
相当出来の良い子だからね…てか君ら兄妹して出来良過ぎるからね…。
ユリーカちゃんの様子を見守って笑うセレナちゃんもかわいいです。


そんな一行の近くに、一匹のポケモンを連れた老紳士が通りがかります。
サトシが見たことないポケモンだ…と呟けば、「トリミアンですよ」とタケシ(違う)
サトシが図鑑を開くと、図鑑に載っているトリミアンの姿とは随分かけ離れています。
図鑑と随分違うな、というサトシにセレナちゃんが「トリミングしたのよ!」と。
そこで前回地図を出すときに使った、折りたたみスマホのような機械を取り出します。

それによると、この町にはトリミングのお店があり、更にカリスマ店長がいるんだとか。
なんかカマ口調で喋りそうな店長ですね。
それにしても、これはどういう機械なんでしょ?
地図が入ってて、町の情報も見られて、高性能ナビみたいなものですかね。
そういう道具あるならそこにポケモン図鑑もアプリとして十分組み込めるんじゃねーのかな…。

このお店に行ってみたい、と話すセレナちゃん。
ユリーカちゃん、くるくると大はしゃぎしながら「私も行ってみたーい!」と同意します。何この天使。
が、視聴者が癒やされているのもつかの間。

 あ! くさむらから
 やせいの トリミアンが とびだしてきた!

飛び出してきたトリミアンに驚いたユリーカちゃんが転んでしまいます。

サトシ「ああっ!」
シトロン「ユリーカ!」

すぐさま駆け寄るシトロンくん。
セレナちゃんも後ろで心配そうにしています。
そこへ続けて新手が。

 あ! くさむらから
 やせいの ゲストキャラが とびだしてきた!

ゲストキャラ「ごめんなさい!その子私のトリミアンなんです!」
駆け寄ってくる女性。
膝をすりむいてるユリーカちゃんを心配しています。ユリーカちゃんは「これぐらい大丈夫よ」と笑顔。


OP。


ユリーカちゃんをベンチに座らせて、シトロンくんが絆創膏的なものを貼り付けています。
用意良いな!流石!
応急処置も終わって、ゲストキャラの前で元気に屈伸してみせるユリーカちゃん。
めっちゃ良い子や…全然泣かないのな。
しかしシトロンくんが転んだとき(第5話感想参照)とはほんと大違いですね。
ユリーカちゃんが女の子として丁寧に扱われる描写も、
シトロンくんが男の子として雑に扱われる描写も、なんかすごくいいな、悶えるな。

さて、元気いっぱいなユリーカちゃんですが、ゲストキャラはまだ申し訳なさそう。
ゲストキャラ「本当にごめんなさい…私はジェシカ」
ジェシカさん、ベレー帽とその髪型が個人的に星のカービィシリーズのアドちゃんを想起します。私ぐらいかな、これ。

ジェシカさんに続いて自己紹介する一行。サトシ、セレナ、ユリーカ、シトロンと来て…
 な に か を 思いついたユリーカちゃん。


ユリーカ「そうだ!ジェシカさん、キープ!」


ユリーカ「お願い!お兄ちゃんをシルブプレ!」


シトロン(無言でエイパムアーム起動)

シトロン「ユリーカ! それはやめろって言ってるだろ!」
シトロン「ああもう、恥ずかしい…!」

ユリーカ「ジェシカさん、考えておいてね!(ウインク)」

ジェシカ「え、えっと…」
セレナ「シルブ、プレ?」

ユリーカ「お兄ちゃんだけじゃ頼りないから、私がしっかりしたお嫁さんを探してあげてるの!」
シトロン「……はぁ」





ご、ご……



ごごごごごごごごごごちそうさまでしたァん!!!!!
シトロンくんの羞恥に頬を染めるその姿!とても!とても!ヴェエエリィナイス!!
ユリーカちゃんのウインクてへぺろ!公式でそんなあざといことやってくれるとは思わなんだ!!!
つーかセレナちゃんはそういえばシルブプレ初めてですもんね、
ビオラさんの時はシルブプレ後のジム戦の途中で合流でしたもんね意味わかりませんよね

しかしビオラさんは明らかにシトロンくんより年上って感じだったけど、
ジェシカって何歳ぐらいなんでしょうね。
がんばっても15、6ぐらいにしか見えないんですが。
それぐらいならユリーカちゃんのシルブプレ対象になり得るってことですかね。
ということはコルニちゃんにもシルブプレする可能性はあるのか…そうか…ふふふ


本編に戻って。
ジェシカのトリミアンは何も手を入れてない状態。
これこそ図鑑のトリミアンだ、とサトシ。
まだ何も手を入れてないのだとジェシカ。
トリミアンは知能が高いため、トレーナーを認めていないと言うことを聞かないんだとか。

ユリーカ「じゃあジェシカさんは、まだトリミアンに認められてないってこと?」
シトロン「こら、ユリーカ!」
ユリーカ「…ごめんなさい」



ふっふぉぉおおおおぉぉおおおおおぉぉおおおおおおおお兄妹タイム来た!!!!!
これは何というか第1話のピカチュウとのシーンを彷彿としますね!!(参考:第1話感想
あの時はシトロンくんが叱っても、ユリーカちゃんは「仲良くしたかったんだもん」と反論してて、
その後のシトロンくんの「ピカチュウ嫌がってただろ?」の一言で、
自分の何が悪かったのか、理解して謝罪してたわけです。

が、今回のこのシーンは!!!
シトロンくんに一言「こら」って言われただけで何が悪いのか理解して!
即座に謝る素直さ!!!ほんともういい子だなユリーカちゃん!!
そして私もシトロンくんに「こら」って叱られたい!叱られたい!!
ああーーーーーでもユリーカちゃんのような素直さがないからダメだもどかしい


でもまあ、ジェシカの方はといえば、


ジェシカ「いいのよユリーカちゃん。だって本当のことだから」

と。ちょっとシトロンくんも表情を曇らせてますね。
セレナちゃんも浮かない表情でしたが、すぐに切り替えて明るい表情で、トリミングのお仕事見てみたいな!と。
良い子じゃ…セレナちゃんも良い子じゃ…
ユリーカちゃんも「私も私もー!」というと、怪我させちゃったお詫びに、とジェシカさんのお店へ。


たどり着いたのは、セレナがみんなに見せたガイドブックのお店。

シトロン「これってなんて幸運な偶然なんでしょう!」

言葉選びのセンスが10歳の少年のそれに思えないぞシトロンくん。
つーかガイドブックに載るようなお店で、有名店で修行してる辺り、
ジェシカさん見習いとはいえ結構優秀な方なのか。

奥にいたのはカリスマトリマーというジェシカの師匠。
なんかカマっぽいと思ったら意外と普通に喋ってました。
ジェシカがサトシ達を紹介し、みんなポケモントリマーに興味があるんです、というと
ジェシカに皆さんを案内してあげて、と師匠。


奥に入ると、木の実がいっぱい入った入れ物を見つけたユリーカちゃん。
ポケモントリマーはポケモンの体調も見なければいけないので、栄養学は必須なんだとか。

ジェシカ「例えば、元気のない時にはチーゴの実と~そこにマトマの実を刺激として~」

解説をするジェシカさん。
セレナちゃんたちは普通に聞いていましたが、

サトシ「頭パンクしそう…」
ピカチュウ「ピィカ」

サトシだけは目を回していました。
なんか久しぶりにサトシらしいサトシを見た気がします。
最近サトシずっとイケメンだったんだもの!!


色々説明を聞いていると、ジェシカの師匠が、丁度トリミングの終わったトリミアンを見てみないか、と。
見たい見たい!と一行。
トリミアンを見て、わあ、と感動する一行。
とりわけトリミングに興味を持っていた公式で「おしゃれが大好き」なセレナちゃんは――

セレナ「すごい!おしゃれ!」

と、交互に見比べては目を輝かせています。
あーうんおしゃれなんだそれ…いやなんでもないですなんでもないです
何もしないままが一番かわいいよなーとか思ってないです

ジェシカの師匠も、ジェシカのトリミアンのことを「なかなか強情」と言っていて。
トリミングどうやって練習してるんだろうなあ。練習用人形とかあるのかな?


ジェシカの師匠「そういえばみんなはこの町初めて?」
サトシ「はい!」

結構唐突だな…って、え、ここミアレシティじゃないんか!
ゲーム通りにするとミアレシティに集中しすぎてるから、分散させてるのかな。
ブティック回は出して欲しいところだけどなあ。

まぁそれは置いといて、一行はこの町初めてと言うことで、
昼休みにでもみんなを案内してあげたらどうかと師匠。
心広いなあ師匠。



町に繰り出した一行。
ジェシカの案内で、町の見晴らしの良いところに行くことに。
シトロンくん鞄持ってないな…と思ったら、みんな鞄置いてったのね。
シトロンくんのリュックがでかいから持ってないとすげー身軽そうに見える。

そうして歩いていると声をかけられるサトシのピカチュウ。
すごい大会で優勝しまくりだというムッサリーさん!明らかにロケット団!!案の定みんな気づかない!!!
ジェシカだけは「そんな大会あったかしら…」と呟いてはいるけど、ロケット団のことを知るわけもなく。

コジロウ「ムッサリーさんにかかると、みっともなーいポケモンでもこーんな素敵に返信しちゃうという!」

コジロウ「 変 身 ソ ー ナ ン ス シ ョ ー ! ! 」



店内が暗くなり、スポットライトが。
海賊風のコーディネートに身を包むソーナンス。

ソーナンス「ソーーーナンス!」

カーテンの向こうへ戻り、

コジロウ「続いてアフロ!」
ソーナンス「ソーナンス!」

その後も先端的な刈り上げ(オニドリルの模倣?)、オリエンタルな三つ編み(セーラー着用)と
ソーナンスの変身というかコスプレというかが続きます。
公式おしゃれ大好きっ子のセレナちゃんの見解はどうなるか。

セレナ「なんかちょっと…いまいちね」

おおーーーっと手厳しい!

ユリーカ「アフロはかわいかった(目キラキラ)」
シトロン、セレナ「……(あきれ顔)」

シトロンくんのあきれ顔もかわいい(いつも通り)
てかユリーカちゃんアフロ好きなのか。もしかして兄の爆発の影響なのか。
そしてここからが本番と。

まずはマリーアントワネット風、
ワンレング(モナリザ仕様)、
ソバージュ、
お嬢様風縦ロール(テニスしてる。お蝶婦人?)

セレナ「うん、悪くないかも!」



最初との違いはどこにあるんだよ!!!


でも実際悪くはなかった…むしろソーナンスめっちゃかわいかった。
今回はあれですか、トリミアン回と見せかけたソーナンス回ですか。

ソーナンスショーも終わったので、ピカチュウもやってみないかと。
当然断るピカチュウ。むしろちょっと嫌そうにしてます。
残念がるユリーカちゃん。矛先がフォッコに向きました。
今でもおしゃれだけど、トリミングしてもらったらもっとおしゃれになる!と。
ユリーカちゃんはアフロ想像してます。セレナは耳毛をロールしたところ。
そうか、セレナちゃんはソーナンスショーは縦ロールが良かったのか。

ピカチュウがいいのに、というムッサリー(ムサシ)でしたが、
コジロウの説得により、フォッコをお店に預けることに。
お店から追い出される一行。シトロンくんが画面の中心にいたのが嬉しいです(もはや何でも嬉しい)
セレナはトリミングをするところを見ていたい、と言いますが
あくまで「企業秘密」と言い張るコジロウ。ムッサリーに抱っこされてるフォッコがかわいい。
渋々お店を後にするセレナたち。
お店のドアがしまった後、中のロケット団は顔を見合わせ

三人「……にひっ」

悪い顔しとるwww


セレナたちが歩いて行くと、張り紙をしているジュンサーさんを発見。
声をかけに行く一同。

セレナ「サイホーンレースの時はお世話になりました!」
ジュンサー「…? ああ、それはきっと私のいとこね」

そしてまた集合写真を見せられると。
ジュンサーさんは帽子のマークの色が違うんですね。

セレナ「ジュンサーさんも…なんですね」

旅に出るまでジョーイさん、ジュンサーさんの顔が全国共通ってのは知らないものなのか。

ジュンサーさんの張り紙は、詐欺師が出るという注意喚起の話。
話を聞いて、まさかさっきのお店が…?と、ジュンサーさんと共に戻って見るも、既に店内はもぬけの殻。

シトロン「遅かったか…」

独りごちるシトロンくん。敬語じゃない!!
しかしジェシカのトリミアンが店内のにおいを嗅いでいます。
ジェシカがあいつらのにおいが分かるの?と聞くと

トリミアン「ハッフッ」

草生やしたくなる鳴き方しやがった
においを確認したトリミアンを追う一行。



フォッコを手に入れ、気分上々なロケット団。
袋に入って怯えてるフォッコかーわーいーいーーー
この調子でピカチュウも、と盛り上がっていますが、そこにトリミアンとサトシ達が到着。
フォッコを返せ!とサトシが叫べば、いつもの口上が始まります。

ムサシ「フォッコを返せ!と言われたら」
コジロウ「返してあげが世の情け」

返してくれるのかよ!!
聞き間違いかと思ったら字幕は「る」でびっくりしたよ!!


そしてロケット団戦!なんとジュンサーさんが戦います!
ジュンサーさんが繰り出すのはライボルト!…待てよ、ん?!!

ライボルトってシトロンくんカラーじゃないですか!!!!!!


ここここここれはやばいいけないどうしようどうしよう
厳選とかやったことないけど5Vライボルト目指して育成すべきでしょうか
そしてニックネームを「シトロン」としてパーティに組み込むべきでしょうか!!!
といっては見ましたが私はポケモンに関してはガチ勢ではないので
これを見ているシトロンくんファンのガチ勢の方、よろしければいかがでしょうか(謎の提案)
5Vなのはシトロンくんなら「すばやさ」はVになるべきではないという考えからです。
素早さVじゃないライボルトが役に立つ戦法があるのかも全く分からず言っているので、
もし私が「何言ってんだこいつ」と思うようなことを言っているのであればご指摘せず鼻で笑っておいてください。


話に戻ると、ロケット団はコジロウのマーイーカ。
あれ…指示の出し方普通になってる。あれは最初の時だけだったみたいですね。
キャラが安定しないうちだからこそのギャグだったのか。

ジュンサーさん、健闘するもマーイーカのサイケ光線によりライボルトが混乱。
その電撃がセレナちゃん達の方にも襲いかかり、トレーナーであるジュンサーさんにも

ジュンサー「……ああっ!」
シトロン「ジュンサーさん!」

シトロン(ジュンサーさんを助けおこし)
シトロン「サイケ光線で混乱しています!」





ああああああああああああああ何その助け起こし方
というかシトロンくんユリーカちゃんも危なそうな位置にいたんだけどユリーカちゃんはいいの
なんで真っ先にジュンサーさん助けおこしに行ってんの実は年上が好きなの

…と思ったけど、冷静に考えたら混乱したライボルトを引っ込ませるためですね。はい。
そうすればみんな危なくなくなるもんね。
でも!!ジュンサーさん助け起こしたあの絵!!
おねショタ派の私としてはおいしすぎましたありがとうございますありがとうございます
もうシトロンくん絡んでればおねショタじゃなくても何でもいけそうなレベルですけどもね!!

ライボルトが戦えなくなったので、サトシが前に出て「任せてください!」と。
ピカチュウが挑む! …のですが、マーイーカの墨で目つぶしされてしまって。
目を開けられなくなるピカチュウ。

ユリーカちゃんが代わりにデデンネを…と鞄を見ますが、寝ているデデンネ。
がっくり。

ユリーカ「お兄ちゃん!」
シトロン「うん!」

シトロンくんが代わって戦おうとしますが、

サトシ「大丈夫だ、シトロン。行けるな?ピカチュウ」
ピカチュウ「ピカ!」

えっどういうことなん、と思ったら、ピカチュウが目をつぶったままでも戦えるよう指示を出すサトシ。
「ジャンプだ!」「そのまま地面を転がれ!」はともかく、転がった後に「後ろに向かって十万ボルト!」って、
ピカチュウからしたら「後ろどっちやねん!!」って思うんちゃうんかいな。

そして十万ボルトはソーナンスのミラーコートで跳ね返され。
シトロンくんも「すごい…」とまた独りごちていましたが、
ジェシカの「あんな状態で…」に対しては、「僕も最初はびっくりしました」とか言ってるシトロンくん。
信頼し合っているから、サトシとピカチュウだからできることなのだ、と。
普通に違うポケモン出した方が良いんじゃないかとか言ってはいけないわけですね。
「信頼し合っている」という言葉にジェシカもハッとして、自分のことを思い返しているようです。

そしてピカチュウに、後ろにアイアンテール!とサトシ。
カウンターで返されてしまいます。
しかし、どこか余裕の表情のサトシ。

サトシ「ピカチュウ、そのまま十万ボルト!」

ソーナンスに向かって十万ボルトを放つ。
でもそこはミラーコートで跳ね返されるんじゃ…と思いきや、跳ね返った十万ボルトをジャンプしてかわさせると、
その十万ボルトはなんとマーイーカを直撃。
さ、サトシさん…? え、あのほんとにサトシさんですかこれは…
日常回っぽいのに本気のバトルって感じ過ぎてびっくりですよ。


一方で、ムサシが謎の発明品を投げつけ、捕らわれるトリミアン。
捕らわれる直前にジェシカをかばっていました。
檻には電撃が流れているようです。そこに体当たりって、マサラ人でもないのに…ジェシカさん無茶よ!
次々に浮かんでくるトリミアンとの思いで。
師匠に紹介されてるっぽい?から、トリミアンはジェシカがゲットしたわけではないんでしょうかね。
並んで歩こうとしたら先を歩こうとされたり。
次々とっていうか二個だけでした。

今度はシトロンくんがホルビーを取り出して、檻を壊そうとします。
マッドショット!しかしソーナンスがこちらにもやってきます。
ミラーコートで返されたマッドショットを受ける前に穴を掘るで潜るホルビー。
キョロキョロソーナンス。かわいい。下からホルビーが穴を掘る攻撃!
下からの攻撃にはカウンターも対応しづらいようですね。

ジェシカがどこからか拾ってきた棒で檻を破壊。モロいな。
そして何故か檻を作っていた機械が爆発。追い詰められるロケット団。
トリミアンが前に出たと思うと…

ジェシカ「トリミアン、バトルするの?」
トリミアン「ハッ」

ジェシカ「トリミアン、チャージビーム!!」

ロケット団に見事当たって、やなかんじ~に続き、ソーナンス!マーイーカッ!
逮捕しなくていいのかよ、と思いますが、セレナのフォッコも無事で、
他のトレーナーのポケモンも無事だったようで。ポケモンが帰ってくれば良いってスタンスなのかな。



一段落、というところでユリーカちゃん、シトロンくんに向かって
「ねえねえ、トリミアンはジェシカさんの言うことを聞いたよね?」と。
シトロンも「トリミアンがジェシカさんを自分のトレーナーとして認めたのでは?」と。
そしてついにトリミアンがトリミングされてしまう ることに。

お店に戻ってトリミング開始。
ジェシカの師匠「見て、あの表情。いい顔してるわあ
ここに来てカマっぷり発揮しなくてもいいんですが。

そしてトリミングお披露目。
あ、は、ハートか、うん。その子オスだと思ってたけど。女の子だったのかな、うん。
い、いいんじゃないかなうん。
いつかカリスマトリマーになる!というジェシカ。
セレナちゃん、その時はフォッコもよろしくね!と。
再会する日が来るのかは分からないけど、その時にはフォッコ進化してるといいな。なんとなく。


セレナちゃん、ジェシカさんの姿を見て、夢を持つことのすばらしさに感動した様子。
セレナちゃんの目標を決める時に何か参考になるのかな。


サトシ「次はいよいよミアレシティだ!」
シトロン「えっ…(ユリーカちゃんと顔を見合わせる)」

と、シトロンくんのかわいい反応で幕。


そして次回予告。次の冒険はミアレジム回きたああああああああああああ
実はネタバレ見てて来週ミアレってのは分かってたけど!動いてる所見るとウヒョーーー!!!
シトユリ兄妹のお父さんごっつううう!!シトロンくんも将来はあんな風にごっつくなるんですか!!!
でもね、私てっきりね、シトロンくんのお父さんって、2パターン想像してたのね。
一つが、シトロンくんがそのまま成長した感じのスマートなイケメンっぽいお父様。
もう一つが、アンドーナッツ博士みたいなの。どっちでもなかったよね。
ツイッターで「でもリングマが来たと」って突っ込まれて爆笑しました。
シトロンくんがリングマに成長しても大丈夫愛してるよ…!

ジムにいるロボット!あれ頭にアンテナついてるwww
シトロンくんあれが自分のチャームポイントだって理解してるんだね…そうじゃなきゃあんなものつけないもんね…
シトロイドってネーミングはどうしてもシトロイド オモロイド…ってあの、別のゲームを想起しますけどね。

今週も面白かったし、次回は楽しみ過ぎて禿げそうです。
…次回は前後編に分ける か  も  。長くなりすぎたらね。





今回途中に挿入するために第1話の感想をちょろっと見返しましたが
これぐらい簡潔な方がいいんじゃねーのかな…とちょっと思ったり。
いやあ、でも書きたいことが多すぎるんですよアニポケスタッフさんががんばってくれすぎなせいで。
まぁアニポケは私のようなクソオタクじゃなく子供達のための作品なので
私なんかが感想をアホみたいに書くよりも子供達が面白いと思えることが大事なのは勿論ですが
子供向けの作品でもよくできている作品は大人が見ても楽しいものなんですよ!ね!!
「子供に理解できる」って時点で、大半の人は「物語を理解する」ってことはできるはずなので、
それがいかに上手く味付けされてるかですよね。話脱線しすぎや。


.
スポンサーサイト
別窓 | アニポケXY | コメント:0 | トラックバック:0
201401110047
<<息子さんを私にください | わたほうしの散歩道 | あけました>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| わたほうしの散歩道 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。