スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
6/4 藤子・F・不二雄ミュージアム レポート前編
※画像多めなので1,2に分けました。



6/4に藤子ミュージアムへ行って参りました!
その時のレポートです。
もっと早くうpしても良かったんですが、
めんd せっかくなのでジャイアンの誕生日に合わせようかなと。
おめでとうジャイアン!いくつになったかしれんけど、おめでとう!

本日限定入場無料のジャイアンリサイタル会場
声は新しい人ですが。
ぶっちゃけ木村昴くんの声だとすばせかのビイトにしか聞こえないという
まぁ公式でこういう悪ふざけしてくれるのは嬉しいですけどね!
どうか皆さん、パソコンのモニタにヒビが入りませぬようボリュームにご注意を。

          ***

友人と行くことになっていましたが、朝、友人から寝坊したという連絡が入りました。
藤子ミュージアムは完全予約制、そして10:00~ 12:00~ と時間指定もあり、
指定開館時間から30分経つと入ることが出来ないのだ。
つまり どうあがいても ぜ つ ぼ う 。
途中までは来ていたので、私が自分でチケットを持っていれば
このまま一人で入ってもよいわけですが、友人に二枚とも頼んでいたのです。

これは詰んだか…? と思ったものの、友人がいったんミュージアムへ連絡を取ると
会館時間前に連絡をもらえたので、とりあえず来てもらって構わないとのこと。
す、すごい…対応が柔軟というか優しいというかサービス満点だ。
キチンと連絡してくれた友人にも感謝。
と言うことで、ミュージアムへ向かう。

※追記から画像多めになります。
登戸駅到着!
まずはバス停を探します。




出来たばかりの施設だからか、割とやっつけ感。
と言ってもこの案内通りに出るとすぐ見つかりました。



ドラちゃんのバス!


反対側はパーマンでした。

で、この間に友人を待ちながらファミコン探偵倶楽部を遊ぶ。
クリアしてエンディングが終わった瞬間に友人からのメールが入りました。
奇跡的でした。

そして実際に乗ったのはQちゃんver.




細かいですが、よく見ると全てのバスがナンバープレート2112でした。
まるで某鼠の王国を彷彿とするほどのすごいこだわりっぷり。

中にもこだわりが。


押したくなる…


…しかし平日に来たはずなのに、周りに小さい子ども連れの親子が多いような。
幼稚園・小学校はどうしたのかなあ、と思いましたが…運動会の代休とかだったのかな?

で、揺られること数分。思ったより早く到着しました。

到着したのは11時ちょっと前。既に10:00会館チケットの入場は締め切っています。
が、入り口には既に12:00待機列が。は、早い…

で、受付に行って事情を説明して名前を伝えると、列をすっ飛ばしての入場。
まるでVIP待遇でした。周りからどう見られてたんだろなアレ…。


まずは展示室…では無く、噂のミュージアムカフェ(3F)へ直行。
ここのミュージアムカフェがすごい混み方をするらしく、昼時に入ると120分待ちも当然になるのだとか。
が、この時間でも既に待ち時間が出来ていたため、整理券を受け取って他の所をみることに。
実は普通に学校もあるので、あまり遅くなるとカフェでゆっくりしていられない。
今月を逃すとジャイアンシチューは冬まで復活しないと思われるので、なんとしてでも食べたいのだが。

ちなみにこのカフェ、ネットから自分の番号を確認することも出来るのです。
しかも電話番号を登録すると、直前に呼び出してくれるとか。気遣い細やかすぎてすげえ…
整理券は友人に預けて、とりあえずカフェ下の2F広場へ。


そこにあった柱。


↑空 ↓川  ってww
なんかちょっと和みました。

ここの2F広場には、ガチャガチャ、プリクラ、館内でしか見られないアニメの映写室がありました。
映写室に入るときには切符を切って貰うシステム。このレトロ感がすばらしいですw

ムービーの内容に関してはあんま書きたくないので少しだけ。
ネタバレ:エスパー魔美のマミちゃんマジ天使。
     基本的には無声アニメーションでした。
     親世代にも子世代にも受け入れられるようにかな?


で、アニメを見終わってからちょっと「原っぱ」へ。
藤子的に原っぱと言えば…土管!


ようじょとか言ってんじゃねーよ!土管を見ろよ!!
そして中にはあの秘密道具と思われる落書きが。


ドラえもんオタクの私ですが、この肝心の道具の名前を失念してしまいました。不覚…。
久しぶりに単行本読破しようかなあ。

で、もう少し進むと…




どこでもドアー!
誰もが震える魅惑の響き(
向こう側が普通に景色が見えてるってことは、故障中なんでしょうね。


更に進んで、ピー助!
ここは写真撮影待ちの人が多かったです。


肌のしわの感じがすごすぎて…もう…アカン



その他、周りと見渡すとジャングル黒べえがいたり。
なかなか気づけないようなところに色々いて面白かったです。



ウマタケ群生地?


手前のベンチで、テイクアウトカフェのどら焼きを食べる人が多かったです。


…と、そうこうしているうちに順番待ちが随分進んだようで。
残り10組待ちになりました。

私「そろそろ行こっか、早めに行かないと飛ばされたら残念だし」
友人「そうだね、じゃあ券を……  あれ?」
私「?」


友人「整理券なくした……」


私「え?」



さて、私と友人はジャイアンシチューを食べることが出来るのか?
後半へ続く(キートン山田)

.
スポンサーサイト
別窓 | イベント・旅行レポ | コメント:0 | トラックバック:0
201206150006
<<6/4 藤子・F・不二雄ミュージアム レポート後編 | わたほうしの散歩道 | 結婚しました>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| わたほうしの散歩道 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。