スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
みなとのよーこよーこはーまよーこすーか(※追記で写真何枚か)
横浜行ってきました!
え?誰と一緒にってウフフウフフそんなの当たり前じゃないですかジェフと(終了
ああそうだよ一人だよ一人で悪いか。
12月はほんとにきゃっきゃうふふしてるカップルが多いので、
橋の上で並んで夕日を眺めているカップルを後ろから凄い勢いで押して
「氏が二人を分かつともお幸せにどうぞおおおおおおおお」
とか叫んでみたいけどそんなことするわけがありません。
ま、男女で歩いてるからみんながみんなカップルってわけじゃありませんが。
ただほんとね、人前でベタベタするのはやめなさいみっともないから。
あくまでみっともないから。そう、みっともないから。 み っ と も な い か ら (


で、メインは「マンガ・ミーツ・ルーヴル」とドガ展だったわけなのでそっちの話をば。

マンガ・ミーツ・ルーヴル良かったです。
露伴先生美人過ぎて困った。ななななまの露伴先生がわたしの目の前にいてええええどうしよう美人ごめんなさいこういうときどういう顔すればいいのか分からないの(一人でニヤけてればいいと思うよ
印刷じゃ分かりにくいことも、生だと分かりやすいからいいですね。
一部、本物を撮影したモノクロ写真を使用していたり、コマを丸ごと上から貼り付けてたりとか。
あと、台詞が荒木先生の手書きのまんまで見られたのが嬉しかったです。

ちなみに会場にたどり着く前には
(ああ、もし行った時にたまたま人がいなくて、たまたま荒木先生がいらっしゃっていて声をかけて頂いて、握手して貰えたらどうしよう一生手が洗えない)
とか考えてたけどそんなことあるわけがなかったのであった。
あ、あと他の国の漫画家さんの作品も展示されていたのを見ましたが、
絵が綺麗でした、としか言えないです。だって読めないもんフランス語とかその他色々。
でもやっぱ細かく書き込みされてる絵はいいよね。じっくり見る楽しみがある。


その後、横浜美術館の方に行くつもりが、途中に「横浜みなと博物館」てのがありまして、
そこ行ってたら結構タイムロスしました。いや面白かったんですけど。
日本丸って船の中が見られて結構楽しかったです。

で、ドガ展。
横浜美術館で開催されていたのですが、そう言えばここ、高校の時に美術部のイベントで来たよね。
たしか高校二年の時に?抽象画展を見に来たんじゃないかと。
行ってみてようやく思い出しました。そうそう、あの時にランドマークも見たんだ、うん。
ま、でもそれはいいとして。
ドガ展、良かったです。『エトワール(↓の写真だと左上のポスカの絵)』がメインだったので
その絵の周りが凄く混んでました。もうちょっと人が少ないかと思いきや。
まあ日本初上陸?らしいし、そりゃ混むか。

なんにしても観に行って良かったです。
贅沢を言えば、もうちょっとゆっくり見る時間が欲しかったんですけどね。まぁ十分かな。
ちなみに常設展もちらっと見てきましたが、ダリのレアリズムの絵が意味分からん。

で、ドガ展のところで買ってきたオリジナルグッズ。




ポストカード三枚+チョコレートです。
バレエシューズのキーホルダーとかもあったんですが、そっちは高かったのでスルー。可愛かったけどね。


そんなこんなで。荒木漫画も美術館も見られて良かったです。
生だと印刷とかパソコンとかとは違う印象があっていいですね。
ただ、横浜は面白そうなところが多かったので、
やっぱ遊びに行くならまるまる一日使った方がいいんじゃないかなーと思いました。
赤レンガ倉庫もほんとはゆっくり見に行きたかったしね。あとランドマークタワーも。
まぁそのうちにまた何かあったら行きたいです。


さて追記にちょっとですが画像載せておきます。
.


ランドマークタワー。横浜っていうとやっぱこれですよね。



日本丸。中が結構広かったです。



夜のランドマーク。ムーンサイド…ほど怪しくはないですが、なんとなくMOTHER2やりたくなったり。



ランドマークと観覧車。この観覧車がハチクロでモデルになったやつでしたっけか。


ところでドガ展をご覧になっているご婦人二人連れが
「わかんないわねえ」
とおっしゃっておりました。
「なんでみんな分かるのかしらねえ」
とも。
ぶっちゃけ、芸術なんて真に理解している人は一握りだと思いますが。
私は絵画見るの嫌いじゃないけども、わーここの色きれーぐらいのことしか考えてないもんね。

.
スポンサーサイト
別窓 | イベント・旅行レポ | コメント:0 | トラックバック:0
201012102054
<<東方風神録のキャラ全員詰め込んだ | わたほうしの散歩道 | ロマンスの神様 この人でしょうか>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| わたほうしの散歩道 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。