スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
----------
君には笑顔の方が似合うよ
少女漫画で見かける台詞を見ると疑問に浮かぶのは「誰がこんな言葉を最初に考えたのか」です。
実際にこんなの使ってる人間を私は見たことがないんだが。
ああそっかー、使ってくれる相手がいないからかーふははははははははははいやこんなこと言われたら大爆笑ですけど。
何がいいたいかと言うと、キャンディ・キャンディ読破しました。胸がいっぱいです。
感想は大したこと書かないだろうけど、ネタバレも含まれるので追記にて。
ステア可愛いなあ。眼鏡と黒髪、そして発明好きってところが素晴らしいよね(

少女漫画は昔のやつの方が面白いなあ…といっても最近のはあんまり読んでませんけど。
最近ので読んだのってハチクロぐらいかなあ。のだめとか面白そうだけど読んでないし。
ニャンコ先生かわいさに夏目友人帳が気になってますがあれはどうなんでしょう。
最近はゲーセン行くとニャンコ先生がいっぱいいるせいでますます気になっているんですが。
あと少女漫画じゃないけど、「八雲立つ」ってどんな感じなんだろ。
マネーとスペースの関係で今は手を出していませんがいずれそのうちに…。
あ、誰か持ってたら貸してけろ。おかえしにジョジョとか藤子とか辻村深月とか貸せるよ!(

.
















物語的には「あしながおじさん」+「赤毛のアン」と言ったところですかね?
いいなあ、ラストいいなあ。最後のページ見たときに、何故かホッとして涙が出てきました。
キャンディが幸せになりますように! って、純粋に思えました。
ただ、結構簡単に人が死んじゃうところは驚きました。一巻から驚き通し。
最近の漫画は、こんな風な、上手い殺し方(なんか嫌な言い方ですけど)する漫画が少ないように思います。
ちゃんと人の死を乗り越えていける強いヒロイン、いいなあ。
パティが自殺するって言った時のキャンディの態度にはジンと来た。かっこええよこの子…。
借りて良かった。友人には感謝しよう、うん。いや今でも十分してるけど。
あと一つだけ言わせて。










五巻からニールに爆笑



何だあいつ(笑)
ビジュアル的にはステアの次に好みだったんですが、
正直途中からマルフォイみてーなイメージになってしまいましたよ彼は。
五巻の展開から、最終的にニールと無理矢理くっつけられる展開は予想の一つとしてアリだったんですが、
まさかああいう展開になるとは。
あほっぽくて可愛いなあニール。それまでただのバカだと思ってたけど、
正直最終巻でかなり評価上がったよ。


ちなみに
↓ニールとキャンディがくっつく場合、一番これなら納得がいく説↓

ニール、地道に今までのことを謝罪、心を入れ替えたことをキャンディに伝える
   ↓
キャンディ、最初は訝しがりつつも、次第にニールのことが気になり始める
   ↓
ニール、キャンディにプロポーズ。キャンディ「大おばさまがお許しになるわけないでしょう」
   ↓
ニール、大おばさまへ直談判。
   ↓
大おばさま「なりませぬ!」
ニール「なら僕にこの姓はいらない」
   ↓
ニール家出、キャンディの元へ。
   ↓
キャンディ、疑うも、ニールの家の下使いだけでなくイライザまでもがニールを探している事実に驚く
   ↓
結婚了承
   ↓
大おばさま「貴方が本気なのは分かったわ、認めます。だから戻ってきて頂戴」
   ↓
ニール、キャンディと結婚
   ↓
ハッピーエン…ド?


個人的にはテリーとキャンディがくっついて欲しかったけどね。
ニール、あほだけど弟だったら可愛いかもなあ。

.
スポンサーサイト
別窓 | 感想、考察 | コメント:0 | トラックバック:0
201011202231
<<ブロ拍お返事 | わたほうしの散歩道 | なきべそなんて サヨナラ ね>>
この記事のコメント
COMMENT
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


TRACKBACK
| わたほうしの散歩道 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。